不動産管理システムでカンタン経営【効率の良い経営術】

オーナー側のメリットとは

男女

管理の簡易化から節税まで

転貸のための一括借り上げがサブリースです。不動産投資におけるサブリースの活用法やそのメリットは以下のようなものがあります。まず1つ目の活用の方法が入居者が確保できるか不安のある物件での運用です。サブリースの特徴の1つである、一括借り上げを行う業者が提供する家賃保証によって、毎月安定した賃料収入を得られるメリットがあります。賃料収入の一部を賃貸管理費や保証費用として支払う必要がありますが、長期間の安定した収入に繋がるため、多くのオーナーが利用しています。また2つ目の活用法として、自分で物件の管理をやりたくない場合もサプリースは役立ちます。通常サブリースは賃貸管理とセットになっているため、煩わしい物件の管理も業者に任せることが可能です。賃貸経営では建物管理や入居者管理、入居者のトラブル対応などが必須です。それらの手間やリスクをサブリース業者に負ってもらうのはオーナーにとっては時間やコストの削減にも繋がります。そして3つ目の活用法として着目したいのが、相続税対策としてのサブリースです。現金や預貯金をそのまま相続すると、相続財産の評価額はその金額が適用されます。しかしアパートやマンションを購入することで、相続財産の額を引き下げられます。これにサブリースによる賃貸運用を組み合わせることで、不動産経営に詳しくない人でも賃料収入を労せず得つつ、相続税対策を行えます。このようにサブリースには様々な活用法があり、オーナーの賃貸経営の手間を省いたり、収入の安定化や節税対策というメリットを享受できます。